【ケルベロスブレイド】バストアップ

427989_e22647_bu
こちらのイラストはコーネリアス・レッドレイヴン様のご依頼で作成いたしました。
この度はご依頼ありがとうございました!

tw5_banner
【個人ページ】

『ケルベロスブレイド』(C)(TAB-AS)/トミーウォーカー

以下雑記。

早いもので1月がもう終わります。ブログを更新する頃には2月になっているでしょう。

1月は、先のブログに書いたように、去年あまり絵が描けなかった分、絵を使う時間を増やしました。
下手だなって思うけど、次に繋げようと思います。

一枚描くごとに苦手なこととか、昔ここ直したほうがいいよ、って言われたこととか、思い出してました。

で、去年まではものすごく手癖で描いてたことに気づきました。今更ですが。

一枚一枚向き合うたびに、下手だなあってなるんですが、喜んでいただけるととても嬉しくて。

良い所は伸ばして、苦手箇所は補強する感じでコツコツいこうと思います。

………

ちなみに去年の年末〜年明けはアイドルマスターシンデレラガールズのアニメを、
今月の中盤からは仮面ライダー龍騎をイッキ見しました。

シンデレラガールズのアニメは、未熟なアイドルたちが悩む姿を描いていたんですが、色々とわかりすぎて、ほとんどの回でガチ泣きしておりました。
特に、終盤、ヒロインが自分の良い所、魅力が分からなくなって、軽い鬱症状になってしまう下り、
周りの対応が千差万別で、戸惑いながらも気持ちをぶつける子、なんとか距離を保って、悩んでいる友達を見守ることに徹する子、心配しながら待っていてくれる子…

なんだか人間関係がとってもリアルな気がして、救われてしまったんでした。

こんなふうに寄り添ってくれるアニメがあるんだなーと。

 

龍騎は前から気になっていたんですが、見てみたらすごく面白くて。
映像はもう、どうしたって技術が古いんですが、ドラマが熱くて一気に見終わってしまいました。
ライダー同士が殺し合う殺伐とした世界観で、残酷だし無慈悲な展開が多いけれど、根本のところはあったかくて人間賛歌に溢れているドラマでした。

平成一期初期作品って今のライダーと随分雰囲気が違うんですね。リアルタイムで見てみたかった。

この作品は端々から、色んなクリエイターに影響を与えたであろう事が感じられました。多分、あの方もあの方も、きっとこれが好きなんだろうなー。

自分的にも物語における好きなモチーフにあふれていて、色んな意味で美味しい作品でした。

去年は555を相当なスピードで見ましたが、それを超える勢いでした。

次は何を見ようかな。

 

 

 
仮面ライダー龍騎 Blu-ray BOX 1
圓井一夫
B00J48D6VE

アイドルマスターシンデレラガールズ 8 (完全生産限定版) [Blu-ray]
B01597ZRWY

記事が気に入っていただけましたらポチッと拡散いただけますと幸いです
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。